読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・リストーラ久留島言いたい放題!

社会問題からアイドルの話と枠の無いブログです。

youtu.be

日本のイベントには出ているけど、まだ日本でデビューしていないLovelyzは、

個人的に興味のあるガールズグループです。

 

メンバーが、8人というだけで、名前も全く知らないのですが、

A-pinkを日本デビューCDリリースイベントの動画を観た感じと少し似ています。

 

僕は、基本的にガールズグループは、ルックスだけでファンにはなりません。

楽曲が好みであり、歌声が個人的に良いと思えれば、その後から、メンバー自身に興味を持ち、好感が持てれば、ファンになってしまうのです。

 

大好きだったKARAは、日本デビュー曲「ミスター」でのイメージは個人的にそんなに良くなかったです。

何となく興味はあったものの当時は「ミスター」の曲自体はそんなに好きではなかった。

ルックスも曲に合わせた濃い目のメイクだったので、まさか、大ファンになるとは思いませんでした。

 

その後、仕事場の知り合いにKARAのCDを貸してもらったことが、きっかけですが、CDを借りる時は、日本語バージョンだと思って借りたのですが、韓国語バージョンだったので気が進まない感じで、何となく聞いたところ、楽曲も好みだったし、歌声が新鮮で凄く良かったのです。

そこからは、動画サイトで過去の歌を調べたり、素の彼女たちを撮ったプライベート動画などを観る内に、どんどん引き込まれたのです。

 

そして、KARAを筆頭に日本へ来るグループは、日本語と日本文化をよく勉強し、日本に対するリスペクトを感じるのです。

日本人の中には、「商売の為に、そう装っているだけだ」という人がいますが、プロなのだからお金の為に、日本人に対して良く見せよとするのは当たり前で、どの国のアーチストもボランティアのみで活動する人は殆どいないでしょう。

 

商売前提であっても、日本語をマスターするのは、相当な努力が必要で、その努力が日本人ファンとしては、とても嬉しいのです。

 

話が反れてしまったけど、Lovelyzの歌はいいです。

是非、日本で正式にデビューして欲しいです!

youtu.be

 

日本の歌の中国語替え歌を歌うSNH48の第三回総選挙のトップ3のメンバーは、日本と関係が深い。

1位のキクちゃんは、日本のネットで「4000年に一人の美少女」と言われ、それがきっかけとなり、中国でのキクちゃんの人気はうなぎ上りで、映画など大きな仕事が入るようになりました。

日本のネットがキクちゃんを後押ししたのは間違いないのです。

 

2位のカチューシャちゃん(僕は本名のリ・イートンと呼ぶ方が自然なのだけれど)は、日本通で日本のゴスロリファッションを愛し、宝塚の大ファンで、お気に入りのタカラジェンヌを観る為に、個人で日本に来て、宝塚を観る程で、ゴスロリの方も日本のゴスロリモデルの青木美沙子さんとも友人関係になり、国慶節の休日に日本に来て、日本のゴスロリの友人と会っていたそうです。

 

3位のテテちゃんは、日本語を喋れるメンバーで、SNH48グループには、日本語を我流で学び、日本語で歌ったり、喋ったりするメンバーが多くいますが、彼女は日本語をちゃんと学んで日本語を会得しているのです。

 

そんなSNH48を好きにならないなんて、日本人として恥ずかしいことです!(笑)

youtu.be

僕は通勤など車中では、殆ど、韓国のガールズグループを聞いています。

自宅でくつろいでいる時は、テレビも観ていますが、大体、動画サイトでSNH48関係の動画を観ています。

 

聞くのはK‐popで、観るのは中国のSNH48という感じで、韓国のガールズグループの殆どは、日本語でも歌っているし、日本のレーベルからもCDを出していますが、僕は日本語も韓国語も2度楽しむ感じで、全く、ハングルを理解していないけど、それでも楽しめてしまうのです。

 

SNH48のメンバーは、公演では日本語はあまり使えないけど、個人の動画では、日本語を使うし、日本語で歌ってくれます。

当然、日本語を使ってくれる方が有難いし、日本語の字幕をつけてくれている方がすごく楽しめるのですが、最近は、日本語字幕が無くてもリアクションや雰囲気で楽しむことが出来るのです。

 

SNH48の公演でもMCになると、言葉の意味が分からなくてもボリュウームを上げて聞いているのです。

 

確かに、細かい言葉のやり取りは理解できるはずもないですが、それでも楽しませてくれるのが、SNH48グループの良いところだと思います。

 

まぁ、SNH48のブログ(分室さん)の情報があるから、言葉が分からなくても楽しめるのですが、兎に角、SNH48は日本人でも楽しめると言いたいのです!

 

この秋の大運動会は、その典型ですね!時間が許す人は一度観て下さい!

youtu.be

SNH48の若手のユニット「Color Girls」が、5人のメンバーで初めて披露したけど、以前、出した3人のメンバーにジェニーとチェンインが入り、いいユニットになったと思う。

特に、このメンバーでは年長になるチェンインが主にセンターで歌っているのが、個人的にいい!

 

チェンインは民族音楽の声楽も出来る程の女の子で、多分、運営側の推しのメンバーだと思われる。

このメンバーが、最強の美少女とは言えないところが、SNH48グループの層の厚さだと僕は思う。

 

特にBEJ48で、美少女5人組を作ったら、このメンバーに勝るとも劣らないユニットが出来ると思う。

 

AKB48というか、秋元康と縁が切れたのは、後から考えれば良かったのかも知れない。

 

ただ、オリジナル楽曲のグレードを上げるというか、AKB路線を保つなら、日本人プロデューサーや作曲家にもう少し協力してもらった方がいいと思う。

 

AKBとの関係上、日本では益々活動がし難くなるけど、このユニットで日本のテレビに取り上げてもらえたら、人気が出ると思う。

 

SNH48を取り上げてくれた数少ないメディアの中でも、週刊「プレイボーイ」は、凄く好意的だったので、また、特集を組んで欲しいなぁ!

 

 

SNH48 TeamX 『支え』 『十八の輝く瞬間』千秋楽 マコちゃん(張韻雯)卒業公演より 20161020 - YouTube

 

AKBグループ(SNH48は、AKBから切り捨てられたけど)のアイドルたちは、日々、メンバーとの人気の格差を感じながら、切磋琢磨しながら成長してゆくスタイルなのです。

 

勿論、ルックスの良さで人気が上がったりするのだけれど、ルックスと同じくらい自己アピール力も大切で、どんなにダンスが上手く、歌が上手くても、人気が上がるとは限らないのです。

 

実際、第三回総選挙で2位になったリ・イートンちゃんは、初めは控えのメンバーでダンスや歌もそんな上手では無かったらしく、ルックスも飛びぬけて可愛いという感じも無かったようです。

 

彼女は、長文ツイートで違う面から人気を上げ、自己アピール力という才能を活かすことで、人気メンバーになりました。

 

4期生、チームXのマコちゃんこと張韻雯ちゃんは、小柄ながら、パフォーマンスでは凄く頑張っていたし、努力も惜しまずやっていたと思うけれど、MCになると控えめというか、悪く言うとファンサービスに欠けるところもあり、いつの間にか、掴みどころのない女の子というイメージがついてしまった。

 

自己アピールが下手というか、「不器用な女の子」だったのだと僕は思う。

可愛らしいルックスなのに、坦々とした感じで、喜怒哀楽を出す感じがしなかった。

僕は、それが彼女の個性であり、いいところでもあると思っていたけれど、人気があまり上がらず、ネットでディスられたりしたようです。

 

彼女の一番の友人であったチェングーちゃんが最近、本人の希望で北京のBEJ48に移籍したのが彼女が辞める決定打になったのかも知れませんが、まだ18歳という若さなので、違う方面で成功し、幸せになって欲しいです。

 

マコちゃんは、この卒業公演で影アナと初めの自己紹介で泣いてしまったのですが、最後のこの動画にある「支え」という歌で、他のメンバーが泣く中、涙も見せず、気丈に演じきったのは、彼女らしくて良かったです。

 

Xのメンバーも優しくマコちゃんを送ってあげたので、これで良かったのかも知れないです。すごく寂しいけど…

特に丹三ちゃんは、自分のソロ曲の最後に彼女に対するコメントを述べたり、ところどころで気遣う姿を見て、優しい女の子なんだと感じさせられました。

 

AKB理念のアイドルは、順位を決められたリ、応援のコールの差を受けたりとすごく残酷な仕事だと思うけれど、単なる仲良しグループで楽しいだけのアイドルより得るものが大きいのだと思う。

 

今いるメンバーの中でも努力がまだ報われず、頑張っているメンバーは多いと思うし、自己アピールが下手な不器用なメンバーが気になって仕方がありませんが、挫けず頑張って欲しいと勝手にも思ってしまいます。

 

元AKB総監督だった高橋みなみさんの選挙でのスピーチで報われない努力のことを語り、総選挙で順位が下でも努力を惜しまず頑張っているメンバーのことを気遣っていたことを思い出してしまいました。

 

アイドルを商売の道具として捉え、アイドルを斜めから見る人も多いですが、アイドルって楽曲グレードも含め、色んな要素を凝縮したもんだと僕は思う!

160925 LOVELYZ K-POPシークレットコンサート 日韓交流おまつり2016 in Tokyo ダイジェスト 러블리즈 - YouTube

個人的には、ABCホールでの20周年記念コンサートも無事終えてホッとしていますが、秋と言えば、好きなアーチストのコンサートに行く季節でもあるけれど、今年はその予定も無く、少し物足りなさを感じます。

 

元KARA、スンヨンのディナーショーは、神戸でもあるので、行きたいところですが、45,000円という高額なので、遠慮しようと思っています。

スンヨンは、大好きなのですが、元々KARAの歌が好きなので、到底、行く気持ちにはなれません。

やっぱり、新しい事務所もスンヨンを金儲けの道具にしているような気がしてならないのです。

高額を払ってもファンが嬉しい気持ちになれればいいですけど、事務所は将来的な展望もなく、単なる金儲けしか眼中に無いという感じが僕にはします。

 

もっと酷いのは、T-araの所属するMBK エンターテインメントという芸能事務所です。

突然、会社名を替え、日本のファンクラブを一方的に解散させ、コンサート詐欺に対しても責任は無いとは言え、ファンに対するケアも配慮も全くなく、中国進出へ方向転換するにあたり、日本のファンを切り捨てた経緯は本当に許せないです。

それでもT-araを純粋に応援する日本のファンの足元見たのか、5月にいきなり東京と神戸でファンミーティングをし、9月には東京で、プレミアムコンサートとしながらも、数曲しか歌わないファンミーティングのようなコンサートし、再度、日本のファンを悲しませることをしたのです。

 

そして、10月にソウルで、日本のファンも対象にしたコンサートとファンミーティングを予定し、日本からもイベントに参加予定だったのが、急きょコンサートを中止し、ファンミーティングも中国人向きの済州島で仮設ステージのようなどうでもいいようなイベントにすり替わったようなのです。

 

事務所の社長が悪い為に、日本のファンは落胆し、T-araファンをやめる人も多かったのではないでしょうか?

 

T-araに対するバッシングもあるだろうし、誰が得をするのだろうかと?

怒りを超えて、呆れる思いにかられました。

 

5月に日本でファンミーティングをした時は、日本でまたコンサートツアーが出来るのではないかと、期待を持ちましたが、度重なる事務所の裏切り行為は、日本での活動を難しくしたのは間違いないと思います。

 

それでも、僕はT-araのメンバーも歌も好きなので、彼女たちを応援しますが、この事務所にいる限り、T-araのメンバーもファンも辛い思いをするのでしょうね!

 

今年は無理でも来年以降に、違う事務所に移って日本で活動をして欲しいですね!!

 

A-pinkも年内の日本での活動は無いだろうし、もう直ぐ、発売されるアルバムを注文したので、それを聞いて楽しむしかないのでしょうね!

 

そんな中、KARAは再結成する期待も持てないので、他のガールズグループを応援しようと何組か、動画サイトでチェックしたけど、AOAはあまり好みではないので、セクシー系ではなく、メロディアスな歌を歌うグループは無いかと観ていたら、何故か、日本で正式にデビューしていないLOVELYZというグループがちょっと気になりました。

 

ルックスには、さほど興味は持てなかったけど、歌声が自分好みだったので、早速、アマゾンで、韓国版CDを注文しました。

 

歌が好きになれば、メンバーの個々を認識するようになり、ファンになるかも知れないです。

 

韓国の芸能事務所も金儲けはしていいけど、ファンを喜ばして金儲けをして欲しいものです。

 

デビュー20周年記念コンサート

f:id:kuruhiro:20160630154513j:plain

 

1995年神戸で大震災があり、その年にリストラになり、翌年に時間の余裕が出来て、お遊びで高校の友人であるリピート山中に誘われ、その年の秋に「ヨーデル食べ放題」で、メジャーデビューした私にとって、本当にありがたいことでした。

 

何とか20年楽しく活動をし、晴れて9月28日に大阪のABCホールで、朝日放送さんの協力もあり、記念コンサート開催することになりました。

平日の夜ですが、時間が許せる方はお越し下さい!

 

来れないという方もコンサートの模様とインタビューを特番としてABCラジオで放送してくれる予定なので、また、告知させて頂きます!!