読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・リストーラ久留島言いたい放題!

社会問題からアイドルの話と枠の無いブログです。

news.yahoo.co.jp

日本のテレビでは、中国の役人の腐敗や韓国の財閥に関わる腐敗などを報じて、日本はクリーンなイメージを植え付けようとしますが、隣国の醜態をアピールすることで、自分の国への不信感を持たせないやり方は、昔からの常とう手段で、特に、日本人は騙しやすい国民ということもあり、今回の問題で、国民は現政権が水面下でやっているダークな部分に大いに関心を持つべきだと思う。

 

8億円も安く土地を取得したことは明らかで、ゴミ処理に使った金額が全体の予算に比べてかなり少ないのは、庶民レベルで見ると、詐欺だと思う。

だけど、役人や与党政治家たちは、不当ではないという。

多分、この調子で、この問題をやり過ごせると、国民をなめているのだと思う。

 

この森友学園の籠池という人物は、日本会議という極右団体の大阪代表のようで、当然、安倍首相や安倍首相の取り巻き議員も親密な関係で、塚本幼稚園から自衛隊に贈り物をしたことで、防衛大臣の稲田大臣から感謝状が送られたそうです。

 

籠池氏やその妻も排外主義者であり、軍国主義を推進したい思想を持っているのでしょう。

だから、教育勅語や軍歌を園児に押し付け、保護者には憲法改正の署名を義務付けるのだと思います。

おまけに、民族差別を平然とするヘイトな人間だが、安倍首相の周りには、在特会やネオナチと言った異質な団体が、安倍首相を支えているように思える。

 

日本会議と言い、極右団体は阿保の一つ覚えのように「日本の国益」とか「美しい日本」とか唱えるけど、日本の国有地を詐欺のように安く購入するやり方は、日本国民の財産を損なっているし、近隣の民族を差別する行為が、とても美しい日本とは僕には思えないのです。

そして、一番、肝心なことは、原爆を投下し正当化するアメリカと日ソ不可侵条約を破り、参戦し、終戦後に日本の領土を奪ったにも関わらず、この2国に関しては、あまり文句を言わないのです(一部で言っている保守もいますが)。

 

特にアメリカには何も言えないどころか、言いなりなのは、安倍首相が所属する清和会が、アメリカの利益を優先しているからでしょう。

元々、安倍さんが尊敬する岸信介元総理は、アメリカの追従を約束した諸悪の根源で、アジア重視の外交をする経世会の政治家の末路を見ると、やはり、日本はアメリカに対して毅然とした態度をとれない関係だとよく分かります。

 

そして、日本の保守層の人たちが、よく「日本は法治国家だから」と言いますが、日本の法律は、大企業や役人、そして政治家に有利な法律が多いのです。

法律自体がグレーな部分が多く、ずる賢い政治家たちは、それを利用するのでしょう。

 

安倍政権になり、メディアも封じ込め、大企業の利益を優先し、文科省財務省など役人も言いなりと言うか、既得権益で結びついている感じがします。

 

そして、この森友学園の問題が、大阪府というのも気になります。

というのは、籠池氏は、自民党だけでなく、大阪維新の会とも親密な関係だからです。

まぁ橋下元知事と安倍首相とは、蜜月な関係なので、やっぱりなぁと思ってしまいます。

それから、豊洲市場問題でも役人と政治家が絡んだ不正の臭いがしますが、やはり、発端は、橋下元知事や安倍首相と思想信条が同じの石原慎太郎元知事だったので、この人たちは、自分たちの思想信条で、日本を捻じ曲げようとしている感じがします。

そして、その周りに集まる排外主義、差別主義者や既得権益を得ようとする自分勝手な輩が日本を蝕もうとしていると僕は思う。

 

彼らが言う国益とは一部の日本人の利益であり、庶民の利益ではないことを忘れてはいけないと思う。

youtu.be

韓国で活躍する日本人女優の藤井美菜さんは、綺麗で可愛い女優さんです。

冬のソナタぺ・ヨンジュンが好きになり、ハングルをマスターし、韓国のドラマに出演し、人気者になったそうですが、僕は、以前に元KARAの知英主演のドラマで恋敵役だった藤井さんを初めて知りました。

 

ユジンこと笛木優子さんも韓国のドラマで人気を得、日本に逆輸入のように、日本でも活躍をしていますが、笛木さんも藤井さんも清潔感がある美人なので、日韓どちらでも愛されるのでしょうね!

 

音楽では少女時代を超えるような勢いの韓国で今一番人気があるTwiceが、日本でもデビューする気配がありますが、9人のメンバー中、3人日本人が居るので、韓流排除的なメディアも取り上げやすいので、日本でも人気が出そうで嬉しいです。

 

人気が出そうと言うか、もうすでに、女子中高生には「T T」ダンスが流行っているようで、日本のテレビはネオウヨが怖いのか?

Twiceをなかなか取り上げませんが、取り上げなくてはならない状況になり、僕が好きなLovelyzも日本でデビューし、A-pinkももっと日本での活動が目立つようになれば、k-pop人気の再来となるのではないでしょうか?

 

韓国では日本を嫌っているかのような風潮がありますが、韓国の芸能界を観ても、日本人だから排除したり、嫌ったりする雰囲気はなく、日本でも嫌韓が広がっているように思えるけど、実際は、韓国ドラマやk-popの人気は高く、韓国をバッシングする輩の声が大きいだけで、実際は、韓国も日本も芸能文化では尊重し合っているような感じがします。

 

ただ、ミュージックステーションのように、K-pop排除の姿勢は、本当に情けなく、いい音楽は素直に受け入れて、クダラナイ中傷や脅しに毅然と立ち向かう番組を作って欲しいものです。

www.nikkan-gendai.com

バックに日本会議があるらしく、韓国好きと表では言っていた首相夫人だが、ヘイトスピーチに加担する差別主義者なのだろうか?

 

兎に角、安倍政権は在特会といい、日本ネオナチ団体との関係を考えると恐ろしい排外主義者の集まりなのかも知れない。

 

美しい日本とか優しい日本とか自画自賛する保守層の人たちは、その言葉を口に出すことが、薄汚れていることに気が付かないのかなぁ?

 

難民や移民を受け入れず、低賃金労働だけを得たい為に、外国人研修制度などを利用し、労働力だけをキープして、永住は許さない方針は美しい国なのだろうか?

 

日本人だけでなく、他国の人にも優しくあるのが、本来の美しさではないのか?

そして、美しく優しい国と評価するのは、自分たちではなく、外の国が評価するもので、自画自賛するほど哀れなものはない。

headlines.yahoo.co.jp

個人的に最悪なツーショットだけど、二人の思想を考えるとお似合いの二人だと思う。

アメリカと日本に住む人たちは、中国のような独裁国家に比べれば、自分の国は自由で民主主義があり、メディアの報道に対しても偏見を持たず、そのまま受け入れる人が多いと思う。

 

確かに、中国に報道の自由は無いし、ろくな政権ではないと思う。

ただ、露骨に隠ぺいするやり方は、国民にとっては分かりやすく、中国の人は自分の国に対して疑いの目を持っているので、真実を見極める力は、日本人より強いと思う。

 

日本もアメリカも自由で、ある程度の幸福感を持つことで、水面下で国民を欺くのが、やり易い国でもあるのです。

NGO「国境なき記者団」が発表する「報道の自由ランキング」では、日本の順位を72位としているのは、日本人としては驚きだと思うけど、今の日本人は外から見る日本を知らないからだと思う。

2010年は、11位だったランキングも安倍政権になり、どんどん順位が下がってしまった理由は、ちゃんと考えれば当たり前の話で、テレビだけを考えても大手スポンサーと安倍政権とは利権を共有し、安倍政権を擁護する御用ジャーナリストだけでなく、体制寄りのタレントが横行している状況です。

スポンサーがいないNHKも政権寄りの経営委員を入れ替え、政権の犬のような籾井会長を据えたのです。

法制局長や日本銀行頭取も安倍政権寄りのものにすり替えたして、民主主義を利用した独裁国家を作ろうとしている感じがします。

実際、麻生氏もドイツのワイマール憲法ナチス憲法に替えた手法を真似るようなことも言っていたので、凄く、怖い感じがします。

 

最近、事実を部分的に切り取り、自分たちに都合の良い思想に利用する主張が広がっていて、特に保守層の者に顕著に見られる感じがします。

南京大虐殺の事でも真実は、僕にはハッキリとは分かりませんが、元日本兵の証言からすると虐殺があったのは、事実でしょう。

だけど、中国側が主張する被害人数は当時の人口などの状況から見れば、事実と異なる感じもします。

 

僕は人数は分からないが、虐殺はあったと思うし、戦争とはそんなものだと思うのです。

それに、当時の関東軍の質は相当悪く、人体実験などもやっていたし、日本人開拓団(民間人)を置き去りにして、逃げたことを考えると、戦禍の中で、人間性を失っていったのかも知れません。

 

最近、オルタナティブ・ファクト(代替的な事実)という言葉が、取り出されていますが、トランプ政権の報道官が言うもう一つの事実は、格差社会が広がる不満を持つネット社会では、凄く存在が大きくなっています。

偏った事実だけを信じて、自分に都合の良い思想や考え方に当てはめるやり方は、効果的であり、凄く危険なことだと思うのです。

確かに、僕のようなリベラルな考え方の者も偏った事実を信じて、保守層を否定するのはフェアーではないと思います。

 

リベラルやグローバル的な考え方が、世界を平和にし、みんなを幸せに出来るかと言えば、そうではないでしょう。

だけど、アメリカや日本のように、自由民主主義の代表国もような表の顔を持って、中身は内向きなナショナリズムや排外主義が広がってしまうと、戦争はまた繰り返されると思うのです。

 

戦争は「百害あって一利なし」と思う人もいるでしょうが、悲しいことに一部の者にとって、一利というか最大のうま味があり、戦争とはビジネスなのです。

 

世界の動向で、常に「誰が得するのか」を考えれば、その裏側が見えてくるのです。

例えば、中国の脅威を問題視し、それを煽ることで、日本国民は自衛の意識が高まり、防衛費が高くなっても仕方ないと思うようになります。

武器などの軍事費で迎撃ミサイルやイージス艦や戦闘機を購入するとなると、兆単位のお金が動きます。

アメリカの軍事関連企業が潤うわけで、日本と中国が政治レベルで仲良くなることは、アメリカの国益を損なうことになるのです。

日本は悲しいことに、アメリカの国益に対して従順でしかないので、同盟関係という対等な立場を表向きにしながらも、日本はアメリカの属国というのが現実なのです。

 

今回の安倍首相の渡米で、トランプ大統領が安倍首相をもてなして、友好を演出しているけど、過去の日米の蜜月関係の時は、アメリカに貢いでいることで、アメリカにとって日本は大切な国であることを演出しているので、テレビで言うような良好関係の代償は、日本にとって大きな問題になるでしょうが、安倍政権はうまく誤魔化すだろうし、メディアもそれを明白には出来ないと思うのです。

 

事実をどのように受けてとめてゆくかが、大きな岐路に立たされているのかも知れません。

youtu.be

【十七と愛ちゃんバージョン】

https://youtu.be/ESoQnTeuev8

 

今年年明けにあった第三回リクエスト大賞で、9位になったAKB曲「狼とプライド」は、アメリカのオールデイ調の曲で個人的に大好きな歌ですが、9位になったこの歌を歌うのは、SNH48チームSⅡの一期生の莫寒(モーハン)と戴萌(ダイモン)です。

莫寒は、SⅡの前キャプテンで今は副キャプテンですが、彼女がSNH48を頑張って支えた時期は、チームメイトの不祥事が続き、苦労の連続で、SNH48のスキルを上げた功労者の一人でもあります。

第二回総選挙では、2期生で構成されるチームNⅡに人気で惨敗することになり、責任感の強い彼女は自責の念にかられたようで、潰れる寸前な感じがありました。

だけど、そんな彼女の大親友でもある戴萌が、莫寒に替わりキャプテンを引き継ぎ、莫寒が副キャプテンになったのです。

 

この決断は今から見れば大正解で、莫寒自身も一皮むけていい感じになったし、戴萌がSNH48グループを引っ張る姿は悲壮感は無く、SNH48グループが飛躍する相乗効果が生まれたように僕は思うのです。

 

振り返れば、NⅡとHⅡのキャプテンはSNH48を去ることになり、SNH48全体を支えるSⅡのキャプテンの重責は尋常なものではなかったと思います。

 

SNH48にとって、莫寒は宝であり、失ってはいけない存在なので、キャプテンの交代は凄く良かったと思う。

 

そんな古株の2人が、こんな可愛い曲をコスプレをして歌うのは、ファンによる洒落であり、2人にお似合いとは言えない選曲なのです。

それでもやりきった2人は、嬉しかっただろうし、ファンも大満足だったと思う。

 

僕は、やっぱり、一昨年の第一回リクエスト大賞で、1位になった十七と愛ちゃんのペアが好きですね!

 

youtu.be

春節休暇ということで、中華圏からの観光客が沢山来ていて、テレビでそれを紹介していますが、相変わらず、中国人マナーの悪さを取り上げて、中国人のイメージを悪いように報じているところを見ると、日本人は過去のことは忘れてしまう風潮があるように感じます。

 

確かに、中国人の中にはマナーが悪く、自分勝手な言動をする人がいますが、日本も昔は、海外旅行でブランド品を買いあさり、現地の習慣やルールも知らず、失敗したこともありました。

文化財への落書きも問題になり、後から謝罪したニュースも見たことがありました。

 

そもそも、日本人がマナーが良いというのは、昔からではなく、僕が学生だった頃、道端で小便したり、咥えタバコでポイ捨ても当たり前で、僕の大学ではどこでもタバコを吸ってポイ捨てしても大丈夫で、大学構内の部屋でタバコをポイ捨てするのが、通常でした。

僕が子供の頃は、公害や有害添加物が酷く、高化学スモック注意報が出たり、川はPCBまみれで、魚は生息不能でした。

 

それ以前は食品偽装が蔓延化していたみたいで、婦人会などの抗議行動の成果もあり、食品偽装も改善されることになったそうです。

 

家電品でも欧米のパクリがあり、抗議されていた時代もあり、規模は違えど、今の中国の環境問題やマナーの問題は、日本も通過してきたことなのに、中国人のイメージをそこまで損なうのは、やり過ぎだと僕は思うのです。

 

確かに、日本へ来る中国人など外国人観光客に日本のマナーや常識を理解してもらい、守ってもらうのが大切だと思いますが、もっと良い面も紹介してもらいたいものです。

 

中国では個人の動画生配信が流行し、大きな商売にもなっているそうです。

SNH48グループのメンバーも動画配信を個々にしていますが、それを観ると、メンバーの中に日本の文化や食べ物を好んでいるメンバーが多いのが目につきます。

 

SNH48の握手会に行った日本人ファンのブログなどを見ると、日本語を理解したり話せたりするメンバーもけっこう居て、日本好きな中国の若い女の子が沢山居ることを日本のテレビで紹介してくれたら、中国人のイメージも少しは良くなると個人的には思ってしまいます。

 

この動画は、2期生の人気メンバー愛ちゃんがギターを弾き語りしているのですが、この中で、日本の歌を日本語で弾き語りしていますが、別の動画ではこの歌を自分で歌い踊っているのです。日本語でのハモリも上手で、愛ちゃんはギターも上手いし、踊りも歌も上手いし、可愛いし、SNH48の宝ですね!

去年の第3回総選挙では、26位と順位を落としてしまったけど、今年はもっと順位を上げて欲しいですね。

 

SNH48グループのメンバーには、民族舞踊や民族楽器を取得しているメンバーは何人かいたりして、才能に溢れたメンバーが多いです。

 

日本のアイドルには無い魅力が満載していると僕は個人的に思っています。

matome.naver.jp

南京大虐殺は、捏造だとか、嘘っぱちだとか言う者が増えているが、元日本軍の証言からも事実であるのは、明らかです。

否定派は、虐殺を証明するものが無いと言いますが、百歩譲って、証明するものが無かったとしても、それは、南京大虐殺が無かったという証明にもならないのです。

 

もし、あなたの親しい人が痴漢や性的被害を受けたと告白をしたとしたら、あなたはそれを証明するものが無ければ、その相手が嘘をついていると決めつけますか?

 

ただ、中国政府側の政治的な策略で、誇張し被害者を上乗せしていることは考えられます。

だけど、この問題は人数の問題ではありません。

当時の関東軍の醜態は目に余る程のものがあり、「悪魔の飽食」で有名な中国人の人体実験も今の日本人から信じられない歴史があったと思います。

 

こんなことを書くと、「日本の事を悪く言うなら、日本から出て行け」という馬鹿な輩がいますが、僕が言いたいのは、戦争とはそういうもので、日本に限らず、どんな国の戦争も似たようなものだと思うのです。

 

日本だけが悪くないという見方もありますが、日本人だからこそ、自分の国の歴史には真摯に向き合い、反省すべきことは、素直に反省するべきで、二度と同じ過ちを犯してはいけないと思うのです。

 

アパホテルの社長や色んな人が歴史を修正し、過去の戦争を美化したり正当化する人がいますが、それは個人の表現の自由があるので、仕方の無いことかも知れませんが、

日本全体が右寄りの声に流されているのが、怖いです。

特に、テレビでは安倍政権を擁護するジャーナリストや著名人たちが、バラエティ、情報番組にも多く出演し、偏った認識と部分的な事実を言葉巧みに視聴者を洗脳している感じがあります。

 

日本はメディアに関しては、凄く遅れた感じがして、テレビ局の規制は厳しく、自民党寄りの大手スポンサーの意向もあり、国民を洗脳する手段が、かなり有効なものになっています。

 

中国でさえ、ネットテレビは進んでいるのに、日本はまだまだ地上波主体の放送なので、メディアに関する規制緩和が必要だと思います。

 

今の日本と中国・韓国には、双方に、仲良くなっては困る事情があるのだと思うのです。

 

だから、領土問題、従軍慰安婦問題、南京大虐殺を政治的に利用し、双方の国民に要らぬ感情を植え付けるのです。

 

例えば、日本にとって中国の脅威が無ければ、アメリカの基地も要らないし、アメリカの戦闘機など軍事的な費用を必要としないのです。

安倍政権は、武器輸出を緩和し、武器で儲けようしていますが、戦争やテロ、内戦などの紛争や脅威が無ければ、武器は売れません。

 

だから、戦争が無い平和を望んでいない人がいることは、簡単に想像できるのです。

中国政府は確かに、ろくなもんではありませんが、日本人は中国との問題を日本側の言い分と情報しか知りません。

原則、自分たちが正しいという立場で、無効の言い分を聞こうとはしません。

当然、中国や韓国もそうだと思うので、大切なのは相手の立場に立って考え、お互いを知ることだと思います。

 

政治外交や風潮に影響されず、人を見て触れ合うことで、同調できる部分と違いを認め合うことが、大切だと僕は思います。

 

相手の悪い面ばかりを誇張し、敵対することを煽ることを止めなければ、人類は確実に滅びるでしょう。

そろそろ、過去の歴史を考えて、学ばなければいけないと思います。