読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・リストーラ久留島言いたい放題!

社会問題からアイドルの話と枠の無いブログです。

白鵬に対するバッシングはありで、品位の無い客の罵声はOKなのか?

大相撲は、興業なのか、スポーツなのか、神技なのか、理解に苦しむ。

大相撲のルールに反していないのに、何故、これほどまでにバッシングするのか?

今朝のラジオで、白鵬を批判するキャスターが、「これは勝ち負けではなく、力と力のぶつかり合いを観たいのです」と言っていたけど、勝負事に「勝ち負けではない」というのは、おかしいと思う。

 

相撲解説の舞の海親方も痛烈に批判していたけど、舞の海親方は小柄だったので、変化が持ち味の力士だったので、自分の相撲のスタンスと違うことを平然とあれほどまでも言えるのかと疑問に思った。

 

朝青龍が好きだった僕からしてみれば、優等生で相撲道を極めようとする白鵬が、最近になり、ダメ押しをして審判員に大怪我をさせるし、相撲界での愚痴を述べたり、変化する立会いを見ていると、ポリシーと違うように思えて関心は出来なかった。

 

それでも、外国人に門戸を開けたにも関わらず、日本人力士の優勝や横綱に拘り続ける風潮にはうんざりする。

それに、神技で礼儀を重んじるならば、優勝インタビューでの観客の野次は酷いものある。

 

相撲解説者やメディアのキャスターも白鵬を批判すると同時に、観客のマナーの悪さに一言、言うべきだと思う。

関西に住む僕からみると、大阪の観客の品位の無さには、呆れてしまう。

 

これが、プロ野球なら違和感を感じないが、大相撲で汚い野次を正当化するならば、大相撲もスポーツであり、興業であることを認めて、神聖なる神技とするのは止めるべきだと思う。

 

白鵬は個人的に応援する気持ちはないが、昨日のバッシングはとても嫌な気分になった。

大相撲のファン層が広がる中で、大相撲と言う位置づけを明確にした方がいいと思う。

野球で「隠し球」をした選手が批判されることは無いのだから、立会いの変化が許されないなら、ルールで決めればいいのです。

ルールで決めないのが日本人的な暗黙の了解というならば、外国人を受け入れなければいいのです。