読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・リストーラ久留島言いたい放題!

社会問題からアイドルの話と枠の無いブログです。

f:id:kuruhiro:20160506102945j:plain

僕は、好きな歌はあるが、AKB48のファンではなく、メディアで流れるシングル曲ぐらいしか知らないので、AKBグループの公演に関しては、全く知らなかったし、興味が無かった。

 

そんな中で、日中関係が一番悪い時に、SNH48が誕生し、日本から宮澤佐江さんと鈴木まりやさんがAKB48からの留学生として、メンバーに加わり、日本のテレビで、その苦労をドキュメントとして紹介したのを観てから、SNH48や宮澤さんに興味を持ち、その後、劇場公演を動画サイトで無料発信しているのを観るうちに、顔と名前が一致し、何となく個々の個性や性格が分かりだすと、どんどん思い入れが深くなり、SNH48が好きになったのです。

自分の日常では、SNH48のファンどころか、存在も知らないので、SNH48の良さを共感する場は、ネットでしかないのですが、日本のテレビでSNH48を紹介してくれたなら、SNH48の人気は日本でも増えると確信しています。

政治的なこともあって、日本のテレビでSNH48を良心的に紹介するものは殆ど有らず、「中国での総選挙」とか「メンバーの一人が大火傷」と言ったイメージの良くない報道しか取上げないのです。

 

唯一、週刊「プレイボーイ」は、4000年に一人の美少女として日本のネットで評判になったキクちゃんの特集をしたり、他のメンバーの水着グラビア的なものを掲載したことはありましたが、良心的な紹介は、皆無と言っていいと思います。

 

日本では殆ど知られない中、中国国内では確実にファンを増やし、メンバーも6期生まで膨れ、大きなアイドルグループになりました。

当然、色んな投資もあり、本格的にステップアップしてゆくSNH48は、新たに北京と広州にも劇場を造り、中国にAKBグループが3つも存在することになったのですが、AKB(AKS)は、どうやら北京と広州を正式なAKBグループとは捉えていないようで、SNHとAKSの関係がよろしくないという噂が広まり、SNH48がAKBグループから離れのではとファンの間で心配されているのです。

 

真相は分かりませんが、今月20日からチームSⅡがオリジナル公演を披露することを考えると、ファンの心配は現実なものになりそうです。

確かに日本人ファンとしては残念だし、寂しい気持ちはあるけれど、個人的には、AKBの公演を知らなかったし、SNH48のものとして観ていたから、オリジナル公演が秋元氏(日本人)が関わっていなくても、良いものなら別にいいかと思えるようになったのです。

実際、公演演目も新しいものが作られていないようなので、残りの公演演目には限りがあるし、シングル曲でさえ、秋元氏はSNH48には提供する気持ちも無いようだし、SNH側が一方的に悪いと言うのは違うように僕は思えるのです。

 

それに、秋元氏はSNH48には殆ど言及しないし、上海に来たイベントでもSNH48のことを何も語らなかったようで、自分から派生したグループに対して、ここまで無関心でいられることに、僕は不満を感じるのです。

それに、全身大火傷をしたメンバーのタン・アンチーさんのことにも何の配慮も心配もなく、AKBグループで何かしらの支援を打ち出してもいいぐらいなのに、知らん顔とは凄く冷たい対応だと僕は感じたのです。

 

それに、SNH48のメンバーでもある宮澤さんも口では、心痛めていると言いながら、上海での卒業公演前に、もう一人の日本人メンバーの鈴木さんと炎上アプリ(頭などに火がつき燃え上がる)を使って楽しんでいる動画をアップしたのを見た時、自分たちの仲間が生死をさまよう状況で、そんな動画をアップしたなぁと思ったのです。

これがAKBやSKEのメンバーなら、やっていないと思うのです。

悪気は無いにしても、やはり、彼女たちにとってSNH48のメンバーは思い入れが薄いメンバーなのです。

 

SNH48チームSⅡのメンバーが、会社に懇願し、宮澤さんの卒業公演を実現させたことやSKEの卒業コンサートを一人で誰にも頼らず、こっそり観に行ったSNH48メンバーのマオマオのことを考えると、SNH48からAKB48に向ける憧れや思いは一方通行なんだと思い、とても悲しくなりました。

まぁ、僕の完全な思い込みかもしれないですが、AKBグループから離れたとしてもSNH48をこれからも応援したいと思います。

 

ただ、K-popやアメリカ的なダンミュージック路線に走って欲しくないですね!

今までのファンが不安なく、受け入れやすいものにして欲しいです。

そして、歌もダンスもグレードは落とさないようにして欲しいです。

 

最新シングル「原動力」のように、少女時代をパクったようなものは作らないで欲しいですね!

中国でK-popが人気があるからと言って、K-popを模倣したら、SNH48の良さは消えてしまうでしょう。

ハッキリ言って、少女時代やT-araと同じ土俵で勝負しょうとしたら、SNH48は消えてゆくでしょう。

ルックスでは勝てても、ダンスや歌に関して言えば、スキルが全然違うのです。

K-popは、韓国のアーチストに任せて、SNH48は、今までの路線を保ちつつ進化して欲しいです。