読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・リストーラ久留島言いたい放題!

社会問題からアイドルの話と枠の無いブログです。

ATF Debut Documentary - EP01 / Chinese Subtitle - YouTube

SNH48を応援する私にとって、中国で色々なアイドルグループが台頭してくると気にはなるが、SNHグループの躍進には到底ついてこれないと思っていた。

 

ただ、日本のアイドル産業も中国を大きな市場だと狙いをつけて動き出している。

SNH48を切り捨てたAKSも中国進出を狙い、SNH48に対抗しようとしているらしい。

ファンの私から言わせて貰えば、飼い殺しのような状況にしておいたSNH48をちゃんと提携し、AKB48との交流を積極的になっていればAKSにとってもプラスな面が大きかったのに、SNH48を軽く見ていたような気がしてならない。

 

話を本題に戻すと、中国にはATFというアイドルグループがあり、日本のエイベックスが提携しているようなのです。

提携と言っても、ちょこっとプロデュースに関わるぐらいかなと思っていたら、こんなドキュメントの動画を見つけました。

 

5000人から選ばれた16人の候補生を日本で2か月間、歌とダンスのレッスンをし、最終的に9人のメンバーを選ぶというものなのだが、レッスンに関わるスタッフは豪華な顔ぶれのようで、かなりの本気度でエイベックスはATFを後押ししているようです。

 

中国だけでなく、インドネシアなど東南アジアでも若者の人口は増えていて、アイドルという産業が膨らんでいるのだが、日本は内向きな性格もあり、韓国のK-popに先を越されている。

 

先を越されているという面もあるが、日本のかわいい系が日本以外ではマイノリティだし、K-popの熟成度には敵わないというのが原因かも知れない。

 

当然、今、中国でもK-popは大人気で韓国と経済的な蜜月関係もあり、中国でかなり浸透しているみたいです。

 

ただ、SNH48の日本留学生のビザ問題のように、最近、中国と韓国との関係が少し悪くなり、K-popの活動が一部、疎外されているようなのです。

 

個人的にはJ-popもK-popも政治に影響されず、中国でも韓国でも日本でも弊害なく活動出来るようにして欲しいのですが、馬鹿な政治家と一部の国粋的馬鹿がいる限り、難しい問題かも知れないです。

 

また、話が反れてしまったけど、中国には、元々、ジャニーズファンやAKB48ファンなど日本的なアイドルを応援する土壌があるので、東南アジアより中国の方が、アイドル産業を広めやすいと思うのです。

 

他にも元モー娘の「リンリン」さんがプロデュースするアイドルグループもあり、やはり、日本の大物アーチストが編曲に携わったりしています。

 

AKBグループから切り離されたSNH48グループは、韓国などのプロデュースが加わり、日本系のアイドルから遠ざかるような不安もあったのですが、日本で経歴のあるJ‐popを知る中国人プロデューサーも楽曲に携わったりして、日本的なアイドル路線を守ってくれることが期待できそうなのです。

 

ハッキリ言って、育成型のアイドルがK‐pop路線に替わっても、ルックスだけでは人気は続かないと思うのです。

 

SNH48にとって、一番のライバルは、ATFになると思うのです。

ATFのこのドキュメント動画をすべて観てしまうと、やっぱり思い入れが入るし、SNHグループのメンバーと同様に、日本のサブカルチャーに対する趣向もあり、日本に向いてくれているところを感じると応援したくなってしまいます。

 

この2つが良いライバル関係になり、お互いを尊重し合いながら、人気を得てくれたら嬉しいですね!